上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
引き続き、翌日の奈良でのワークショップレポです。

奈良のWSはALTERD BOOK。
ALTERD BOOK、なんとなくはYasuさんのブログで本を使って作るモノということはだけはわかるという浅い知識のまま参加。

テーブルの上には既に赤メインのアイテムたちが♪

s-1IMG_0033.jpg


まずはVintageの洋書の中のページをカッターでひたすら切り抜いていきます。
これが一番大変な作業で・・・
私は普通のクラフトカッター(しかも切れ味イマイチ)だったので、時間がかかる(汗)
隣でハイスピードでくり抜き作業を終えたえむちゃんの、大きな切れ味抜群のカッターを借りてなんとかできました。(下の写真の青いカッターがえむちゃんの)
もう真っ直ぐじゃなくても、多少破れててもお構いなし!
カッターで切れ目を入れて、ページを手でもぎ取ったほうが早いです。

s-1IMG_0037.jpg

くり抜き作業が終わったら、次は表紙作り。
Vintageの洋書や絵本から好きなページを切り抜いて、表紙や裏表紙に貼ってアクリルを塗り塗り。
スタンプ押したりお好きなように♪

s-1IMG_0040.jpg

s-1IMG_0042.jpg

s-1IMG_0041.jpg

仕上げはメディウム。
メディウムは中ページの上下、右サイドにも接着材として塗るので、それを固定するのに必要なのがクリップ。
私は日常使いの洗濯バサミをもって行ったけど、これはかなり挟む力が弱かったです。
結局イスの下に置いて、イスの重みで固定しちゃいました。
挟む面積の広い大型クリップがオススメ!

メディウムが乾く間にランチタイム。
トルティーアに人参スープ、美味しかった~!

s-1IMG_0043.jpg

メディウムが乾いたら、表紙にコースターを張ってブラッズで留めて外側は完成!
次はくり抜いたページの中に写真や小さなアイテムを詰め込んでいく作業。

写真にフレームをつけて、写真の上にマイカ(雲母)を貼る作業も初体験。
以前Yasuさんと交換レイアウトをした時に、初めて見たマイカ。
何層にも重なっているマイカを薄くペリッと剥がして、写真に乗せるとモノクロ写真が一気にVintageテイストに!
マイカの重ね具合によっても色が変わって面白~い。

その後、小さなカワイイアイテムたちをどこに置こうかな~、と配置開始。
うーーんと悩む私の隣で、どんどんアイテムを配置していくえむちゃん。
私は1つ貼っただけで終了ー。

みなさんのALTERD BOOK。どれも素敵!

s-1IMG_0050.jpg


ワークショップ終了後はティータイム♪
手作りの美味しいケーキにドリンク。
ワークスペースとカフェスペースが同じフロアにあるのは、かなりいいです。
カフェスペースの隣にはキッズエリア。

s-1IMG_0047.jpg


今回も景品をかけたクイズ大会がありました。
参加資格はsomething RED。
さすが主催者(笑)

s-1IMG_0053.jpg

前日のクイズにダメ出しした私。
今回のクイズも同じようなクイズだったけど勝ち抜いて一番の景品貰ったので、あまり悪くは言えません(笑)
最後のクイズは「カナダの首都は?」でしたよ。
東京&石岡のWSでのクイズも楽しみですねw



家に戻って仕上げた(今日だけど)私のALTERD BOOK。
ちょっとシンプルだったかな^^;
最初に本を結んでくれていた布を背表紙に。

s-1IMGP8591.jpg

中身はこんな感じになりました。

s-1IMG_0082.jpg

Yasuさんの小物キットに加え、abeyukiさんに頂いたくまちゃんカードや、超SB部のみなさんから頂いたエンベリ類の中に入っていた小さなパズルピース、息子のおもちゃ箱から拝借したTOMICAのミニミニカーなどを詰め込んでみましたー。
おさるのボトルキャップはえむちゃん作です。ほんとカワイイ!!
子供の頃に自分の大事なもの入れていた小さな箱を思い出します。

この小物を詰め込んでいく作業がとーーっても楽しかった!
多少不安定なものでも、Zip Dryだとアロンアルファのように短時間でくっついてくれます。

Vintageワールドを体験できた、とっても充実した2日間でした。
Yasuさん、ほんとにどうもありがとう&お疲れ様でした!
東京WSもきっと盛り上がることでしょう~。

素敵な会場を提供してくれたHIROさん、大変な時期に色々準備ありがとう!
Secret

TrackBackURL
→http://yukichigogo.blog39.fc2.com/tb.php/123-b970b407
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。